掘出物 見つけました ブログ

運命的に出会ってしまった素敵なものたちを紹介します

中国語 相原茂先生の講義を最前列で受けてきた!

                                       f:id:sachi-studio:20181031163515j:plain

相原茂先生と言えば、90年代から2000年代にNHKのテレビラジオの中国語講座を担当されていた、長く中国語を学ぶものなら知らぬ者のいない大先生である。

10月20日(土)虎ノ門で先生の語彙に関する講演会が開かれると聞いて、真剣な気持ち半分・ミーハーな気持ち半分で参加した。

https://img21.shop-pro.jp/PA01333/421/etc/002.jpg?cmsp_timestamp=20180831171939


講演会は、今や唯一の中国語学習雑誌となった「聴く中国語」誌主催で同社の会議室で行われた。席数はわずか20席。私はなんと最前列で拝聴することになった。

生でお会いした先生は大先生ながらあまりに気さくで一縷の気取りもなく、教養に満ち溢れる旧来の本物の文化人であり先生であった。皆さんは先刻承知で来られたのかもしれないが、私は先生を目の当たりにして、今の世の中がはったりや虚勢、我を張り合うばかりの人であふれ、あらゆることが薄っぺらであることを改めて自覚し、対照的な先生の深い知の世界に感動した。

先生のお話のイントロのつかみのお話に出てきた一言は、「中国語、発音よければ、半ばよし」この、五七五調が私たち世代にはノスタルジックなのだが、私たち中国語学習仲間では上級にさしかかった今、競って発音を磨き合っている。ぐっとつかまれた。

音読サークル〈 玲瓏りんろん 〉について | 働く人・働きたい人の中国語発音クリニック りんずラボ

 

今回の本題のテーマは「語彙を増やす5つの方法」であった。
その5つとは、
その1 類義語に敏感になる
その2 単音節の反義語
その3 逆引きの活用
その4 コロケーションに敏感になる
その5 語の内部構造を意識する
分かる人から見れば、こんな大事なことを公開してしまっていいのか、とういうことなのかもしれないが、その意図することは本質的で、少なくとも先生の深い知識による説明は全く再現できない。いうならば、本の目次のような感じだ。全く短絡的なハウツーとは異なった。

私は、こんな深い内容を二時間のダイジェストで聞くことが出来て、感動するとともに、先生の言葉に、ところどころ自分が大学生の時にも母校の教授の授業内容の断片がフラッシュバックした。ああ、大学生の頃、教授が楽しそうに搭配词典とか倒序词典等の話をされるのをぼんやり聞いて手にしてみたりしたが、全く何もわかっていなかった。

そして、なんだか無性に腹が立ってきた。深い知の蓄積である大学教授の講義を初心者の大学生だけに聞かせておくのはもったいなさすぎる。今でこそ、やっと意味がわかるのに!その上、毎年初心者を教えている大学の先生は初心者に優しいので、学びの進捗が遅いことを気にかけている中上級者にぴったり。今回の講義も初級者と上級者が一緒に聞いて一緒に学べる内容であった。

相原先生は、くすりとおかしみのあるユーモアをお持ちの方で、ひょうひょうとした面持のまま、講義の中にはなぞなぞが出てきたり、初級者が混同しやすい単語のニュアンスの違いをあえて会場の中国人スタッフに説明を求めたり、漢字を度忘れしたと書いてもらったり。講演後、熱心なファンの男性が先生ご本人にNHKの講座で先生のユーモアが大好きだったと熱い思いを語っていた。

先生は御年70才だそうで、依然ご活躍なのだとは思うが、最近は大人数の講義だとか講演はさほどされていないご様子だった。大変もったいないことだと思う。今時の70代はお若い。お元気なうちに、学生以外の後進にも貴重な知識をもっとおわけいただきたい。ぜひ、機会があるなら学生時代面倒に感じて真剣に勉強していなかった基礎の文法を、系統立てて先生に習ってみたいと思った。

ちなみに、次回の「聴く中国語」誌の講演会は、11月17日(土)に陳淑梅先生の講演だ。もちろん先に申し込んでチケットを確保してから、これを書いている(笑)

https://img21.shop-pro.jp/PA01333/421/etc/1811_H4.jpg?cmsp_timestamp=20181011163406

 

 

 

改善の可能性があるんなら言ったほうがいいんじゃないの!

今日も料理の話。
優しい夫は何をつくっても黙って食べてくれるので、長年私は自分の料理のレベルが初中級で止まっていることに全く気が付きませんでした。


しかし、実母に代わり、家族のメインの食事の作り手となり、母の歯に衣着せぬ批評を聞くようになり、ようやく自分の料理レベルを自覚するようになりました。
そして、挙句の果てに長い会社員生活を終えることになったとき、母に唯一言われた一言は「料理ならったら?」「今ですか???」結婚前に言ってほしかった!自分は花嫁修業で土井勝先生に習ったことが持ちネタなのに、なぜ私には料理の必然性を説かなかった???

 

そんな料理センス皆無の私は、もちろん自分の感覚でレシピを応用して作ったりしません。基本、きちんとレシピの通り作ります。昨日は大ファンの土井善晴先生のレシピ通り、牡蠣シチューをつくったら、とても上手にできました。

www.kyounoryouri.jp

(牡蠣シチューのレシピは、きょうの料理の公式ページにアップされていなかったので、類似の作り方の「秋野菜のミルクシチュー」のレシピのリンクを貼りました。)

 

早速、娘に感想を聞いてみたところ、娘「きのこの種類を変えた方がいい気がする。」とのこと。そう来ましたか、栄養上きのこも食べさせたいなと思って、冷蔵庫のありあわせの「えのき」も突っ込んだのダメでしたか…。私「うるさいなあ。」(うまくできたのに、おいしいね、じゃないの?)

 

すると娘の次の一言は、

「なに、次のために、改善の可能性があるんなら言ったほうがいいんじゃないの!」

えっ、確かに、そのように教育いたしました。とても、我が家らしい言い方ですが、正面きってそのように正論を言われてみるとびっくりしてしまいました。娘、普段そんな難しいこと言わないし。
はい、今度は入れるならマイタケにします。

 

一番辛口の母には「これ、おいしい。」と久しぶりに褒められました。

心の準備がなくて珍しく写真撮らなかったな…。

親愛なるマーサ・スチュアートさま Dear Martha Stewart

テレビのチャンネルを変えていたら、なんか見たことある外国人女性の料理番組!
おお、マーサ・スチュアートさま!

dlife.disney.co.jp

遡ること十数年前、職場で産休入りの挨拶の際、「お休みの間、マーサ・スチュアートのような暮らしをしたいと思います」と言ったことをはっきり覚えている。

その当時、たまたま忙しい部署が特に忙しかった。職場は仲が良くて上司同僚と仕事帰りに食事に行くことがしょっちゅうだったが、産休前の仕事が一区切りついた打上げの日に、男女問わず和食の料理屋の座敷で皆疲れのあまり寝てしまったことが異常事態として印象に残っている。そんな中で、妊婦の私も疲労困憊だった。そもそも、仕事は全く男女の別なく面白くて夢中だったが、まだ会社で妊婦の人を見ることはほぼなかった。そういえば、そもそも女性が少なくて入社以来紅一点と言われることが多かったのも忘れていた。

妊娠中は忙しい上に、つわりもひどくて入院もしたし、そもそも私自身体力が弱かった。普通の人が大変だからといって、当時妊娠したら両立は大変だからと仕事を辞めるというのに、それでも続けるという体力的優位性は全くなかった。ただ仕事が好きなだけで。

妊婦のときの職場は私の異動した前後から女性が増え、先に年の近い先輩が妊婦になったが「お試し保育に連れて行ったら、子どもが泣くので、それを見るのが忍びない」と言って、退職してしまった。私は、妊娠したと知った数日後に保育園の見学に行き、子どもたちが送りに来たママが園を出る瞬間大泣きし、いなくなった瞬間に遊びに夢中になるのを目撃し、辞めなくていいのになと思った。

一方、産休育休生活は予想と異なり、全くマーサ・スチュアート的生活ではなくなってしまった。産休に入って10日もたたないうちに過労が原因で外出先で気を失って倒れ、大事故に遭ってしまったからだ。普通は母子ともに命がないところだったが、強運の私たちは生き延びることが出来た。

もともと、ワーカホリック的発想で会社を何カ月も休むなんてありえないことだったから、どんなに長くても半年ぐらいで復職しようと考えていたが、妊娠を報告した昔の上司が「せっかく会社が1年休む制度をつくってくれたんだから、1年は休んだらどう」と言ってくれたので1年休みを取っていた。実は、まだ制度が充分でなく1年も休んだ弊害は後から来たのだけれど、お陰様でその1年を自分の事故後の回復に充てることが出来た。復職後も含め、当時の上司先輩同僚家族お医者さん近所の助けてくれた人全ての周囲の人々に大変お世話になって今も本当に感謝している。

話は外れてしまったが、長期の入院や慣れない子育てで、全く主婦生活を楽しむ余裕もなく、あっという間に1年は過ぎ、早く自分の日常をを取り戻したいという気持ちで必死で復職し、その後も10年以上も同じ会社で大いに仕事を楽しんだ。

そして会社を辞めて2年、突然、心にひっかかっていたマーサ・スチュアートがテレビにあらわれて、本当に感慨深い気持ちになった。怒涛の生活がようやく落ち着きはじめた今私の前に現れるなんて、何かの啓示ではあるまいかと感じた。奇しくもマーサさまも90年代は飛ぶ鳥を落とす勢いのカリスマ主婦というアイドルだったが、今は色々大変なことがあった後の今である。今の方が親しみを感じる。

そんなことを考えながら、トランプ大統領並みのわかりやすい英語のマーサさまの料理番組を飽きることなく見続けていた今日の私であった。

www.marthastewart.com

映画「世界で一番ゴッホを描いた男」を初演で見てきた

全くゲンキンなものである。日々の生活では腰の重いこと岩のごとしなのだが、この映画を初演で見たいと思ったら、友達と予定を合わせもせず一人でダッシュで見に行ってしまった。


f:id:sachi-studio:20181020225726j:image
この映画「世界で一番ゴッホを描いた男(原題中国梵高)」は中国深圳(セン)で20年来ゴッホのレプリカを描いている男の話である。そのレプリカは輸出され、本国オランダのアムステルダムで売られている。

舞台の深圳(セン)は、香港に近いからという理由で80年代に経済特区として、人工的に作られた特殊な都市である。私は90年代後半に数回行っただけだが、金の亡者が全国から集まっているという自分の偏見が裏切られることのなかった数少ない私の嫌いな都市だ。


主人公の趙は郷里から出てきて以来、真摯にプライドを持ってレプリカのゴッホを描き続けて来た。その彼の日常は厳しいとはいえ、ひとかどの工房を構え、子どもを学校に通わせられている。ふたむかし前の彼の生い立ちはビザの手続きで郷里に帰ったときに明かされる。そして意を決して憧れに憧れたゴッホの本物を見てアムステルダムを訪れ、直面した現実。彼は立ち位置を初めて知るのだ。

20年とはちょうど私が訪れた頃から今ということで、私にとっては「私が実際に見た時代」から「実際には見ていない現在」をつなぐストーリー。中国の庶民・老百姓を取り巻く変化や発展と変化しないものが描かれていた。

 

真面目でどんどん融通のない社会になっていく日本に住む我々から見ると、「中国ってなんでこうなの?」ということは、多々あるものだ。そういうとき、親しくなった中国人に突っ込むと「我跟你说啊…(いやあ、それはね…)」と教えてくれる。腹を割った話をしてくれるときの言葉だ。

「一体レプリカをこんなにたくさん描いている人ってどんな人なの?」「我跟你说啊…(いやあ、それはね…)」そんな映画なのだ。「血も涙もある人間が苦労して描いている。」ドキュメンタリーだから、結末をどう感じるかは人それぞれ。しかし過程で描かれている趙や彼を取り巻く人々に私はシンパシーを感じる。
映画館に趙の描くレプリカの本物(!)が飾られていた。映画で見る印象より出来がよく、さすが生業でやれていて映画の題材になるだけのことはあった…。

 

なんと、出口ではぴあの人に感想を聞かれた!。
そして、珍しくほぼリアルタイムにつぶやいてみた。。

[#世界で一番ゴッホを描いた男 見てきた〜。中国で懸命に生きてる老百姓に シンパシー感じたことある人にオススメ。 #新宿カリテ pic.twitter.com/bfzzRpHMOR

どうも、本日この映画について、つぶやいている人は少ないようだ。それもそのはず、私の見たところ大半の観客の年齢はツイッター層よりも高そう。では、この人たちは何で情報を得たのか?と、映画会社でも映画館の人でもないのに、興味がわいた。新聞かなテレビかな?

老若男女のヒューマンドラマの好きな皆様ぜひ見て!!! やっぱり、私はドキュメンタリーが好き。

chinas-van-goghs-movie.jp

一筆書きではなく堂々となぞってもいい件

f:id:sachi-studio:20181015160226j:plain



子どもの頃、私の地元は書道が盛んでした。 私のやっている字幕翻訳も書道のように、ある種「道」を極めるようなアート的な側面があります。

 

私は中日の字幕翻訳を学び、英日の字幕翻訳を学び、今まさに翻訳会社への登録応募しようとしているところですが、並行して最後どうしても仕上げに…とこの秋のクール、中日の字幕翻訳クラスに通っています。

 

字幕の授業は言葉オタクの天国です。一つの題材の映像のセリフを巡って、「おお、そう来たか。そこの表現。わぁ、負けた。名訳。」「(心の中で)いや、絶対私の訳の方がイケてると思う。」「さすが先生、そういう背景なんだ、そこ。」みたいな。想像するに、きっと句会とかスケッチ会とかもこんな感じかしらん。

 

そして、この世界で食べている字幕の先生が魅力的。英語の先生も、中国語の先生もタイプもキャリアも全然違うけど、大好きです。私が字幕翻訳者を志望する理由は、どうもエンタメ好きというより、言葉の表現を考えるのが好き、そしてピタッとはまったときの快感、そしてシーンや言葉を語り合うオタクが好きということのようです。

 

最近プロの門の入口に立ち、クラスで習ったことにも執着が出てきて、がぜん授業の復習の意欲がわいてきました。自分の原稿に、「わー、もっとこうすればいい訳だった。」「ここの表現まずかった。」という言い訳・後悔・もう一回という気持ちを帳消しにするべく、理想の訳で上書きするのです。

 

なんだかそれが、禁断の習字のなぞり書きのような気分なのです。理想の文字になるように上からもう一筆なぞってるような感じ。別に字幕学習としては悪いことは何もしていないんだけど、ひそかになんか違う楽しみを見出しています。

 

ちなみに少ししか習ったことがないけど、中国流の習字は狙った形をつくるために、もっと日本よりトリッキーな筆の動かし方をする印象、お国柄ですな。またいつか趣味として習字も再開する日は来るかな…。

今年の都心の雑草事情

お題「今日の出来事」
今年は異常に暑い夏だった。人間も夏を越すのが結構大変で、さぞや植物も、水切れや暑さで大変だったことだろう…。


f:id:sachi-studio:20181005214806j:image

と思いきや、最近都心のとても目につくところの中央分離帯や歩道の雑草の繁茂ぶり、勢いがすごいのだ。前から、東京都と近隣の県の緑地の管理の差は歴然で、東京都の管理はとてもよく、やっぱり東京はお金があって手をかけられるんだ、すごいなと内心、感心していた。

 

ところが、今年は非常に雑草が目立つのである。もしかしたら今年から東京都が予算を減らしたのかもしれないが、通常の管理では追いつかないほど、雑草の生育がすごかったという可能性もある。

 

意外と、雑草界にとっては今年は悪くない気候だったのでは!

 

もしかして、近年の雑草は亜熱帯の外来種に生え変わっているのか?それにしてはお馴染みイネ科系も多いようだけどなあ。日本の旧来からの植物も北上するなどして、生き延びられているのだろうか?

 

それにしても、別に都の管理の植え込みであっても自分の建物の前なら、草を引けばいいのに…と思いながら歩いていたら、超有名女子校の前の植え込みだけはきれいに保たれていた。さすがだ。

f:id:sachi-studio:20181005214848j:image

実は、植え込みの道を歩いていた目的地は、おしゃれな観葉植物のお店だった。前回通りがかったときも休業日、今回も所用のついでに立ち寄ったら休業日。もう、このお店に行くことはないであろう。店は開いていなければ意味がないということを学んだ。


景品の鉛筆

最近は中国語の試験の為というには、いささかスローすぎるペースで書き取りをやっている。問題集の選択肢となっている紛らわしい類語に、文例集から例を引っ張り出して写し、発音記号や意味を追記する。こうすれば各単語のニュアンスがもう少し身になって理解できると考えたのだ。

f:id:sachi-studio:20181004140155j:plain

 

家の資源を有効に活用するため、随分前に書き取りに使いたいといと買っておいたノートと、家に長く眠っている鉛筆を使っている、大体、「娘が飽きてしまった使いさしの鉛筆がたくさんあるのだ。」と、人のせいにしていたが、ふと今日の書き取りで使った鉛筆を見ると、なんと自分が中学生の時に体育祭の景品としてもらった鉛筆だった。運動神経が鈍く、いまだかつて体育祭で活躍したことがないので、きっと全員にくれたものだろう。

 

私が幼い頃は学校でよく賞品に鉛筆をくれたものだ。特に、しょっちゅう何かしらの標語のコンクールというのがあって、よく入賞だ佳作だと鉛筆をくれた。今は映像字幕の翻訳で訳文の字数を計算するため指を折りつつ訳を考えているが、そのルーツは案外、この標語コンクールにいきつくのかもしれない。

 

また、新興住宅地に住んでいるという自覚はあったが、中学校の頃、私にとって中学校は盤石な存在だった、しかし鉛筆には第八回体育祭と書いてあり、まだまだ新設校だったのだ。そんな意識は全くなく、10年20年30年と変わらずその安定を保つだろうと思っていた。そして実際に今もそのままなのだろう。

 

ここ数年、自分のこれまでの持ち物をひっくり返し、延々と整理を続けている。そうすると地層の発見のように古い時代のものが表出してくるが、本日は中学生の自分と向き合う羽目になり驚かされた。中学校の景品を使って、大学時代の勉強不足の恨みを果たし、人生の後半に差しかかっても、いまだに中国語の勉強を続けている。大人の年齢になったら、中身も大人にがらりと変身できるのかと思いきや、思考回路は全く変わらないままだ。